裁量トレードと自動売買どちらが良いのか?

裁量トレードと自動売買どちらが良いのか?

トレードの種類

裁量トレードとは?

自身の判断に基づきトレードをすることです。

システムトレードとは?

予め決めた売買ルール通りにトレードを淡々と行うことです。

一応裁量トレードに含まれます。

自動売買とは?

システムトレードと同じく、予め決めたルール通りにトレードを行う点は変わりません。

これをプログラム化して自動で運用するのが自動売買です。

MT4というチャートアプリにEAというプログラムを設置して運用するのが一般的です。

裁量と自動売買どちらが良いのか?

結局のところ、どちらが良いのか?というのはトレーダー間で意見が大分違います。

ここでは私の考えを述べさせて頂きます。

裁量トレードは、その都度トレードの判断が変わります。

良く言えば柔軟に対応できる。悪く言えば一貫性がない。

つまり自分のジャッジがその結果に正しい影響を与えたのか否かデータが取れない訳です。

同じ相場という物は二度と来ることはなくケースバイケースであり、過去の経験に基づきジャッジを下すというのも考えとしては分かります。

ただ、予測のできない不確実な相場で、一貫した規律を持たずにトレードする事は、自身のメンタルが要因で結果が左右される危険性があります。

連敗すれば正常な判断ができないでしょうし、連勝しても正常に判断できない事もあるでしょう。

裁量トレードをするならばシステムトレードを採用して一貫した規律「ルール」を持った上でトレードするべきです。

しかし、ルールがあってたとしても、連敗するとルールを守れなくなる可能性もあります。

その対策として、システムトレードをプログラム化し自動売買に取引きさせるというのが私の最適解です。

自動売買であれば「ルール」を24時間実行できますし、資金のドローダウン(損失により資金が目減りする事)によりメンタルがブレてルールを守れないという事もありません。

そして、自動売買のルールが過去の相場で通用したかどうかというバックテスト(過去検証)も行うことができます。

バックテストを取れば、トレードの『期待値』や年間のおおよその『試行回数』が把握できますので、ある程度の結果が予測でき安心してトレードに臨むことができます。

自分の弱みは何なのか?を把握してトレードの種類を選択するのも1つの手です。

私の場合、データが出ていないものは取り組みたくない、熱くなりやすい性格、というのがあったので、データが出せて、自分でトレードしないので熱くなることもない自動売買がマッチしていました。

まず、自分がどの戦い方で相場に臨むのか決めてトレードをされてみてください。